世紀の誤審~ワーストランキング

順位 題名(年) 内容
1位 巨人ホームラン取消事件(2006年) 2006年6月11日に千葉マリンスタジアムで行われたプロ野球公式戦「読売巨人軍」対「千葉ロッテマリーンズ戦」。ここで前代未聞の大誤審が起きた。日本のプロ野球で「ビデオ判定」が導入されるきっかけの一つになった。

問題となったのは、「アジアの大砲」と呼ばれた李承燁(イ・スンヨプ)選手のホームランが取り消されたことだ。1対1で迎えた3回、2死1塁。李の一打は右中間スタンドへ飛んだ。値千金の勝ち越し2ランのはずだった。

西本欣司・3塁塁審

このときの一塁走者は小関だった。この小関について、ロッテ三塁手の今江が「三塁を踏まずに生還した」とベースを踏んでアピールする。このアピールを西本欣司・3塁塁審(当時40歳)が認め、小関はアウトにされた。ホームランによる2得点は取り消され、巨人は無得点となった。

打者本人ではなく、前の走者がベースを踏み忘れたと判定される史上初の珍事だった。

原監督はベンチを飛び出し抗議したものの、判定は覆らなかった。ところが、試合後、1本のテレビ映像が事態を一変させる。

この日の夜にテレビで放送された映像では、走者・小関は右のかかとでベースを踏んでいたのだ。この映像は、地上波テレビ局「フジテレビ」系列のスポーツ番組「すぽると!」で全国放送された。

この映像を見た巨人は猛抗議した。巨人の清武英利(きよたけ・ひでとし)代表が「明らかな誤審」(清武代表)としてセ・リーグに抗議書を送付した。

抗議の理由や根拠として、西本の位置が3塁から離れていたこと、録画ビデオ(VTR)のスロー再生を検証した結果などを挙げた。そのうえで、記録の訂正やビデオ判定の導入などを求めた。証拠としてフジテレビの映像を添えた。

<動画>

「死角になっている」

東京・大手町の球団事務所で記者会見した清武代表は「塁審が“絶対的な自信がある”と言ったから原監督は抗議をやめた。しかし、映像では小関選手がベースを踏んだ地点から死角になっている」と説明した。

セ・リーグで誤審が相次ぐ

プロ野球で2006年ほど、誤審が話題となった年はなかった。巨人ホームラン取消事件の後も、判定トラブルが相次いだ。

球団が連盟に文書で回答を求めたものだけでも1シーズンで十数件。特にセ・リーグに集中した。

西本審判員の3連発

とくに巨人ホームラン取消事件を起こした西本欣司審判員の誤審疑惑が目立った。西本審判員は17年目だった。以下の2件の判定が騒動になった。いずれも、短期間で集中的に起こった。
ヤクルト対楽天戦
2006年6月19日のヤクルト・楽天戦(神宮)。宮出の遊撃への打球はワンバウンドして捕球されたかに見えたが、ノーバウンド捕球とされた。ヤクルトが猛抗議。ワンバウンドだったかどうかの事実認識を改めて求める要望書を提出した。
阪神対ヤクルト戦
2006年6月23日の阪神対ヤクルト戦(甲子園)で、打者走者の一塁の微妙な判定をセーフとされた。この判定を不服とし、守備側だった阪神が、審判員の技術向上を求める意見書を提出した。
2位 サッカー日韓ワールドカップのモレノ主審(2002年)

2002年に日本と韓国で開催されたサッカー・ワールドカップ。エクアドル人のバイロン・モレノ審判員が誤審を連発し、世界的な大騒動になった。この事件は、サッカーにAI Referee(エーアイレフェリー)が必要だという根拠となっている。

韓国-イタリア戦

決勝トーナメント1回戦の韓国-イタリア戦。イタリアMFトッティ選手を2度の警告で退場させるなど、地元・韓国寄りの露骨な判定を行った。結果、韓国が勝利した。わいろを受け取ったとの疑惑まで持ち上がった。

いきなりPK

試合開始早々に韓国にPKを与えた。結果は失敗。

ゴール取り消し

イタリア代表MFトマージのゴールを取り消した。

トッティ退場

延長戦の前半13分、イタリアMFトッティに対して、「シミュレーション」(反則をうけたふりをすること)として警告。2枚目のイエローカードだったため、退場処分(レッドカード)になった。数的不利となり、攻めに厚みがなくなった。
<動画「伊トッティ退場」▼>

疑惑のオフサイド判定

さらに、延長後半5分のイタリアのゴール前の絶好パスをオフサイドと判定して認めなかった。

韓国選手の反則を見逃す

韓国選手の反則を見逃した。
<動画「韓国のイタリアに対するラフプレー集」▼>

誤審認める。国際主審から除名

イタリア敗退のきっかけとなった2つの判定を、本人は大会後に誤審だったと認めた。国際サッカー連盟(FIFA)は、モレノを国際主審から除名する処分を下した。日本では、同審判員の生活がW杯後に急に豪勢になったとする週刊誌の告発記事が話題となった。

A代表国際大会の経験ゼロ

バイロン・モレノ(Byron Moreno)氏は1969年11月23日、エクアドル・キト市生まれ。1996年1月にレフェリーの道に入り、1997年6月のボリビア対ベネズエラ戦で初めて国際試合の笛を吹いた。1997年8月のリベルタドーレス杯決勝でも主審を務めた。1999年U-17世界選手権の審判を務めたが、A代表による国際大会の経験がないまま、2002年W杯の審判に選ばれた。32歳の若さで主審に選ばれた。

本来であれば、審判員としてW杯のピッチに立つまでには、長く険しい道のりがある。

母国でも出場停止処分

その3カ月後のエクアドル国内リーグでも、ホームチームが勝ち越すまで、表示された倍の12分もロスタイムを取ったことで20試合の出場停止処分を受けた。その後、1度は復帰したが、2003年6月に審判を辞職。その後はスポーツ解説者を務めた。

ヘロインの密輸で逮捕

2010年には、米ニューヨークのケネディ国際空港で、ヘロインの密輸容疑で逮捕された。

審判員を含めてサッカーは人間が行うスポーツであり、ミスは起こり得る。誤審も含めてサッカーという考えは、競技規則の「プレーに関する事実についての主審の決定は最終」という記述にも反映されている。 もちろん、誤審を減らす取り組みも行われている。FIFAは2007年、超小型チップ入りボールをクラブW杯でテストした。導入には至らなかったが、ボールがゴールラインを越えたかどうかを正確に判定するための技術だった。
誤審も含めてサッカー

審判員を含めてサッカーは人間が行うスポーツであり、ミスは起こり得る。誤審も含めてサッカーという考えは、競技規則の「プレーに関する事実についての主審の決定は最終」という記述にも反映されている。

チップ入りボール

誤審を減らす取り組みも行われている。FIFAは2007年、超小型チップ入りボールをクラブW杯でテストした。導入には至らなかったが、ボールがゴールラインを越えたかどうかを正確に判定するための技術だった。

AIレフェリー(エーアイレフェリー)の判定は、人間の審判によりも優れている。